2011年12月18日

らくらく爽体講習会

先程、ぴかぴか(新しい)記念すべき第1回のらくらく爽体の講習会が終了しました手(チョキ)


印象に残ったことを記事にupしますね。


*腕があがらない人へのらくらく爽体のやり方は?(今回は、リュウマチのTさんを対象)

@片手を天井方向に上げる動作で動きのチェック。
  

A通常、腕を上げる動作がつらい場合、つらくない方向=両手を上げる角度を変えたり上げるのではなく、降ろしていく動作で行うが、今回は、腕が痛みがでる寸前の位置で一度、止まってからスタート。
  

B止まった位置から、手首をゆっくりと捩じったり、手首を反らしたりしてみる。
  

C上記のような手首の動きをしてみて、腕やからだ全体が伸びたくなるような動きが出てきたら、少し、腕を上げてどのくらい変化したか?チェックをする。(痛みが出たら、すぐにやめて下さいね)
  

Dこの動きを、繰り返し行い、最終的にどのくらい上げれるようになったか?チェックをする。


こうすることで、からだが自然に痛くない方向を見つけ、腕が上げやすくなりましたが、今回の収穫はなんといっても、手首を色々と動かしているうちに、腕が腰と繋がって自然に伸びたくなるような動作が出てきたことです。上記のような内発的な動きが出てくると、からだを使うことが気持ちよく感じられてきて、気持ちが落ちつき、ほっとした安心感が出てきます・・・・・


次の講習会に向けて、収穫のあるらくらく爽体講習会でしたわーい(嬉しい顔)

















posted by だるま at 15:10| Comment(2) | 講習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。