2012年10月22日

手首が疲れると拡がるとは?

こんにちは!こちらのブログの投稿は、本当に久しぶりですふらふら


大学時代の友人からFacebookに投稿した記事に質問があり、こちらのブログで詳細を書くことにしました!


質問は、「手首が広がる」ってどんな状況ですか?あまりにも専門的な表現で私には理解が困難です。


私たちの身体は疲れると関節が拡がり、力を入れにくくなる特徴を持っています。この関節が拡がっているという感覚は、中々、実感として捉えにくいものです。


疲れた時の手首は、触れると、ダボッとしていたり、浮腫んでいる感じがあり、手首を振ってみると小刻みに振れなかったり、手首の骨がコキコキと鳴らないといったことが挙げられます。


日常の動作では、パソコンの打ち込みの間違え等の指を細やかに使う動作に影響が出ます。また、頭の働きとも関係しているようで、自分の考えばかり先行してしまい、他人の意見を聞くことが下手になるとも言われております。(参考文献 野口晴哉著 体運動の構造2 全生社)


私見ですが、案外、手首が拡がっている方は多いように思われます。。。。。。


手首の拡がり(疲れ、硬張り)を感じた場合は、手首を振ったり、指をいっぱいに広げて手首を反らして、手首に力を集め、ふっと、力を抜くと手首が引き締まり、指が動かしやすくなってくると思います。(手首の振り方は、Facebookに動画を載せていますので参考にして下さい)

指が動くようになると、なんだか?からだ全体にスムーズ感が出てきませんか?上手に、疲れを取り除いて、気持ちよく生活していける参考になれば嬉しいです!わーい(嬉しい顔)


<メモ>手首は、昔の方は、身体感覚が敏感なためか?関節の拡がりを防ぐために、鉢巻、手甲(?)、脚絆、たすき掛けをしたりして、からだを引き締めて使う工夫もしていたようです。


posted by だるま at 11:22| Comment(0) | からだの要求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

筋肉・関節が固くなると・・・(深部感覚)

私たちは、目を閉じていても手足の位置や、関節の曲がり方、あるいは、持っているものの重量などはよくわかる。これを深部感覚という。筋、腱、骨膜にある受容器からのインパルスによる感覚である。(引用 人体生理の基礎 杏林書院より)


筋、腱、骨膜にある受容器は、筋紡錘 腱紡錘 パチニ小体ですが、筋肉や関節が固くなっていると、これらの受容器が働かず、動作をギコチナクすることがあります。


いくら動作の練習をしても、上達しないのは、上記の理由があるかもしれません。まずは、固くなっているところ、気になっているところに力を集め、一気に力を抜いてみましょう。抜いたら、ふぅ〜と一息つくのを忘れずに・・・・・


疲れている時やがんばっても上手くいかない時に行うと、新鮮な感じで物事に取り組めていけますよ〜



わーい(嬉しい顔)大学時代に使っていた生理学の本、持っててよかった〜
posted by だるま at 18:07| Comment(2) | からだの要求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

この頃 よくぶつけます!!

台風小雨が過ぎ去り、暑さどんっ(衝撃)が、再び、戻ってくるようです。


今週の火曜日から、頭・首の右側を良くぶつけます。今朝も、洗濯物に右のこめかみをぶつけてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

頻繁に、ぶつけるという行動は、からだが鈍っていて硬くなっていたり、エネルギーが余っている時に起きる現象と整体では言われています。

思い当たることは、右のお腹、足首に違和感があるということ・・・・・少し、右に偏ってきているようです。


さて、この記事を書き終えたら、自分のからだを感じて、弛めていこう!どんな風に弛めようかなぁ?
posted by だるま at 08:38| Comment(3) | からだの要求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。